「ビー玉RPG2」プレー日記 第16話:そして伝説へ(※ネタバレ注意)

投稿者:Material 204926 1 mini 井戸乃博士 投稿日:2018/12/30 22:19

井戸の博士です。
このプレー日記には、
ラスボス戦とエンディングが含まれています。
今さらではありますが、ネタバレしたくない方は
今回は飛ばしていただくことをお勧めします。

井戸の博士の助手、ラヴィアンです。
飛ばしてご覧になる方で、
ゲーム全体の所感を知りたいという方が
いらっしゃいましたら、
次の「第17話:総評」にお進みください。


<<総評へ
>>>目次へ

 * * * * * * * * 





魔王城の3階に来たぞ。
はたして次は何が
待ち受けているのだろう・・・?


あっ魔王がいるよ!はやっ!
2階以降の展開がやけに早かったな・・・
これは・・・もしかして・・・
・・・手抜き・・・?

博士・・・何てことを言うんですか!
作者のネコムさんに失礼ですよ。
1階でなかなか進めなくて、
文句ばかり言っていたくせに
よくそんな勝手なことが言えますね?
少しは身の程をわきまえて・・・


いや・・・魔王も認めちゃってるんだけど・・・

それはともかく、
ついに魔王との決戦か・・・
長く険しい道のりだった・・・思えば、
どれだけ多くのビー玉達(仲間を含む)が
犠牲になったことか・・・!



いきなり極悪スライムに
瞬殺されたビー玉達・・・


調子に乗って進んでいたら
ドラゴンになぶり殺しにされたビー玉達・・・


新生物の華麗な連携攻撃で
あえなく壊滅したビー玉達・・・


キラードロイドによって
一瞬にして宇宙の塵となったビー玉達・・・


その他コロシアムで全滅した回数は数知れず・・・
そんな幾多のビー玉達の無念・・・
魔王よ!
身をもって思い知るがよいわ!


あれっ?


あっれええぇぇぇ~っ?

この展開は・・・
これで終わりとは思えませんね・・・

うむ・・・これは世に言う、
「お遊びはこれまでだ」
というやつではないか?


な、なんだってー(棒読み)


(※2戦目です)

グラフィックは変わらないのね・・・
まあたぶん、さっきよりは
強くなっているんだろう。


おっ!魔法の追加効果で麻痺したよ。
どうやら耐性に穴があるようだ。
もしかして楽勝かな?




痛い全体攻撃ですね。
パーティーが壊滅状態になりましたよ。
麻痺も治ってしまいましたし、
厳しい状況になりましたね・・・

慌てるな、ラヴィ君。
まだビー玉と猫夢が残っている。
この2人がいれば、あの魔法で・・・!


まずレフォーブで、
ミドリーノとメタルを復活させて・・・


メガヒフォールで全回復だ!
これで体勢を立て直せたぞ。
いい展開になってきたじゃないか!

でも博士、全体攻撃を何度も使われたら
回復が追いつかなくなりますよ。
ステータス異常が効けば
多少は楽になるんですが・・・

と言うよりも、ステータス異常が効いて
やっと互角に戦えているという感じだな。
さすが魔王・・・前作でも苦戦したが、
相変わらずの強さだな・・・


うわ、通常攻撃も強いな!
それにHPも相当高い・・・
どこまで持ち堪えられるだろう?
魔法の追加効果が決まるのを
祈るしかないか・・・

回復のタイミングが難しいですね。
長期戦になりそうですから、
MPをこまめに回復させてくださいね。


!!!(ガッツポーズ)

・・・


・・・やったよ、ラヴィ君!

お見事です、博士。
とうとうやりましたね。
おめでとうございます!


魔王よ、お前は強かった・・・
前作よりもさらに強くなっていた・・・
だがビー玉達も、
前作よりはるかに強くなっていたのだ。
それに気付かなかったのが、お前の敗因だ・・・


 * * * * * * * * 


これで感動のエンディング・・・
と思ったら、ここはどこかな?


作者のネコムさんからのメッセージだよ。
いやいや、とても盛りだくさんで
充実したゲームをありがとうございました。


隣の人に話しかけると、
エンディングに行けるそうですよ。
このままゲームを続行することも
できるみたいですね。


なるほど、最初の町に戻れるようだな。
戻ったら新しいイベントが
発生したりするのかもしれん。


せっかくですから、
まずはエンディングに行きませんか?
博士のプレーした成果を、
ちゃんと記録に残しましょう。

おお、そうだな!
もともとは、このゲームが
クリアできるかどうかをこの目で確かめるのが
プレー日記の目的だったからな・・・

途中、苦労したところもありますが、
こうしてエンディングまで辿り着けました。
本作は決して無理ゲーではなく、
ちゃんとクリアできるゲームであることが
立証されましたね♪

まあ、難易度は高めかもしれないけど
決して理不尽な難しさではなかったと思うね。
ちゃんとバランスは取れているし、
プレーヤーに対する配慮も行き届いていた。
だからこそ最後まで行けたのだろう。

おまけや隠し要素も充実していて、
プレーヤーを飽きさせない工夫があったのも
最後までプレーできた理由ではないかと思います。
博士も楽しんでプレーしていましたもの。
様々な魅力を感じさせる作品でした。

じっくり遣り甲斐のあるゲームを
プレーしたい人には強くお勧めしたいね。
わしの後に続いて、
ぜひエンディングを目指してみてほしい。

それでは、「ビー玉RPG2」プレー日記、
ひとまずエンディングに参りましょう。
ここまで読んでいただいた皆様、
ありがとうございました♪




<<総評へ
>>>目次へ

コメントする

コメントするには、ログインする必要があります。

コメント一覧

Material 321240 1 mini キューマル(投稿日:2019/01/08 13:27, 履歴)
クリアーおめでとうございます!

ある意味、狂ったバランスでバランスが取れたゲームでしたねw
今思えばクリアした時の達成感結構あったな~。ボリュームもなかなかありますし。
キラードロイドは「みんなのトラウマ」認定で良いかとw

ゲームレビューとても面白かったです!!
また、このようなコーナーなどに期待してしまいます・・・w
Material 204926 1 mini 井戸乃博士(投稿日:2019/01/09 18:21, 履歴)
いつもコメントありがとうございます。
「狂ったバランスでバランスが取れたゲーム」とは、
実にうまい表現ですw
全体として非常によく作り込まれておりますので、
プレーして充実感があるのではないかと思います。
キラードロイドは本作を代表する敵キャラとして
認知されることを願ってやみません・・・

今後も、Rmakeの良作を
じっくり紹介していきたいと思います。
どうぞお楽しみに♪
Cdv30200 aoi icon mini aoihikawa(投稿日:2019/01/01 12:49, 履歴)
ゲームバランスで言うと
RPG版の死にゲーといった
感じだったでしょうか
 
豊富な隠し要素や
難易度の高さゆえの攻略のしがいもあり、
クリアしたときの喜びは
一層、高いでしょうね
Material 204926 1 mini 井戸乃博士(投稿日:2019/01/03 18:15, 履歴)
そうですね、確かに初見殺しが多く
死んで覚えるという側面があります
加えて運も絡んできますので、
達成感も大きいのではないかと思います