育成日記No.17 ゲームも映画も評価が微妙なお馬さん

投稿者:Material 326045 2 mini aokiarin 投稿日:2022/09/17 00:02

どうも、青木・アリンです。
久しぶりの育成日記となります!お待たせいたしました!
ついに世紀末環境がスタートしましたね(遅い)!
幻も使えるなんてまさに夢のような環境です!
そこで今回は、幻のポケモンの考察をしてみようと思います。
そのポケモンは・・・ケルディオです。

あくまで私個人の感想として、このポケモン、「ゲームでの評価も映画の評価もいまいち(思い出補正のぞく)なポケモン」というイメージがあります。
そんなケルディオはどんなことができるのでしょうか?

@いのちのたま
A抜け5V
CS252 D4
おくびょう
せいぎのこころ
しんぴのつるぎorきあいだま(orはどうだん)
エアスラッシュ
ハイドロポンプ
こごえるかぜ

こいつにできることはおそらくこれぐらいしかないです。
「姿ばれなんぞかんけーねー」や「ラッキー破壊ラッキー破壊ラッキー破壊ラッキー破壊ラッキー破壊」という人はしんぴのつるぎ、威力を求めたいならきあいだま。はどうだんは入れる必要性があまりないです。そしてこいつは意外にもダイジェットが使えます。もこう先生みたいに弱保アタッカーとして使いには耐久が足りないので、基本ダイマするときはS上げ専門だと思います。
今回は載せていませんが、特性を生かした物理型もなくはないです。物理わざのほうが範囲広いので。
役割対象はバンギが筆頭に上がります。あとラッキーやカビゴン(カビゴンが現環境いないのは置いておいて)など。要は「受けポケは破壊しやすい時がある」ということです。

この個体に関する質問や意見などはコメントしてくれると励み・成長の糧になります。

みなさんのポケモン考察ライフが、より豊かになることを心から願って。

また次回お会いしましょう。

コメントする

コメントするには、ログインする必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。