【講座?】CoRを触ってみる13~三目並べを作る1~【自分用メモ?】

投稿者:    mini 光楼(114) 投稿日:2017/04/15 11:55

【講座?】CoRを触ってみる12~演算子編~【自分用メモ?】←前回

7月発売のゲームが多すぎる……

#このブログの情報は2017年4月15日現在のものです。今後変更になる可能性があります。

ついに三目並べを作ります。

ゲームの流れは
メニュー画面 → 対戦

対戦の流れは
プレーヤーのターン → AIのターン

とします。

画面サイズは800x450にしました。
横長です。

では早速作っていきましょう!

1.メニュー背景を表示する

まずは素材の用意です。
あらかじめ用意しておいたので以下をクリップしてください。






続いてクリップした素材をゲームに登録します。
ソースファイルを開きましょう。

右上の「CoRシーンの素材管理」から「画像(一枚絵)管理」を選び、「クリップした一枚絵を追加する」から素材を追加してください。


ではメニュー画面から作っていきましょう。
適当な場所をクリックしたら対戦が始まるようにします。

#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  preload do 
  end

  create do
  end

  update do
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'

まずはテンプレ。
分かりやすいようにシーン名を「menu」にしました。

では先ほどの緑色の背景を表示させましょう。
やり方はCoRを触ってみる07~アニメーション編~でやったのと同じです。

以下のようになります。
あ、講座とは名前とか変えてるので注意です。
#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  ##### ↓追加分↓  #####
  #変数定義
  bg_sprite = nil
  ##### ↑追加分↑  #####

  preload do 
  ##### ↓追加分↓  #####
    image 'メニュー背景画像', id: 318428, frame_size: [225, 400], frame_pattern: 11
  ##### ↑追加分↑  #####
  end

  create do
  ##### ↓追加分↓  #####
    bg_sprite = put_sprite 'メニュー背景' do
      position 0, 0
      scale 2.0, 2.0
      frame_index 0
    end

    bg_sprite.start_animation('通常アニメ')
  ##### ↑追加分↑  #####
  end

  update do
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'


##### ↓追加分↓  #####
sprite 'メニュー背景' do
  image 'メニュー背景画像'
  origin :left_top

  animation '通常アニメ', [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1], 20, true
end
##### ↑追加分↑  #####

テストプレーをするとこうなります。

横長の画面に縦長の画像を表示しているので当たり前です。

横向きになるよう90度回転させましょう!
#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  #変数定義
  bg_sprite = nil

  preload do 
    image 'メニュー背景画像', id: 318428, frame_size: [225, 400], frame_pattern: 11
  end

  create do
    bg_sprite = put_sprite 'メニュー背景' do
      ##### ↓変更分↓  #####
      position 0, 450
      ##### ↑変更分↑  #####

      scale 2.0, 2.0

      ##### ↓追加分↓  #####
      angle -90
      ##### ↑追加分↑  #####

      frame_index 0
    end

    bg_sprite.start_animation('通常アニメ')
  end

  update do
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'



sprite 'メニュー背景' do
  image 'メニュー背景画像'
  origin :left_top

  animation '通常アニメ', [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1], 20, true
end

angle-90というのを追加しました。
これにより画像が90度左回転(反時計回り)します。

①左上を中心に回っているので画像が画面外へ出てしまいます。
②画像の原点が画面左下に来れば良いので、画面の縦の長さと同じ450pixelずらしてあげます。
これが変更分でやっている内容です。


2.タイトルを表示する

中央より少し上に「三目並べ」と表示させます。
CoRを触ってみる08~テキストスプライト編~

原点は中心、サイズは100。
位置はXが中央(800/2)、Yが450/4とします。
色は黄色です。
#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  #変数定義
  bg_sprite = nil

  ##### ↓追加分↓  #####
  title_textsprite = nil
  ##### ↑追加分↑  #####

  preload do 
    image 'メニュー背景画像', id: 318428, frame_size: [225, 400], frame_pattern: 11
  end

  create do
    bg_sprite = put_sprite 'メニュー背景' do
      position 0, 450
      scale 2.0, 2.0
      angle -90
      layer_index 0
      frame_index 0
    end

    ##### ↓追加分↓  #####
    title_textsprite = put_text 'タイトル' do
      position 800/2, 450/4
      layer_index 1
      text '三目並べ'
    end
    ##### ↑追加分↑  #####

    bg_sprite.start_animation('通常アニメ')
  end

  update do
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'



sprite 'メニュー背景' do
  image 'メニュー背景画像'
  origin :left_top

  animation '通常アニメ', [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1], 20, true
end

##### ↓追加分↓  #####
text 'タイトル' do
  origin :center
  font_size 100
  color '#ffff00'
end
##### ↑追加分↑  #####

背景を設定した後にテキストを設定する理由は、表示順序にあります。
レイヤーの設定をしない限り、後に設定した画像が上に表示されてしまうので、逆にするとテキストが背景に隠れて見えなくなってしまいます。
レイヤーについては後日解説します。

3.説明文を入れる

「画面クリックでスタート」という説明をタイトルの下に表示させます。

原点は中心でサイズは30、位置は800/2, 450/4*3で色は白にします。
#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  #変数定義
  bg_sprite = nil
  title_textsprite = nil

  ##### ↓追加分↓  #####
  description_textsprite = nil
  ##### ↑追加分↑  #####

  preload do 
    image 'メニュー背景画像', id: 318428, frame_size: [225, 400], frame_pattern: 11
  end

  create do
    bg_sprite = put_sprite 'メニュー背景' do
      position 0, 450
      scale 2.0, 2.0
      angle -90
      frame_index 0
    end

    title_textsprite = put_text 'タイトル' do
      position 800/2, 450/4
      text '三目並べ'
    end

    ##### ↓追加分↓  #####
    description_textsprite = put_text '説明文' do
      position 800/2, 450/4*3
      text '- 画面をクリックでスタート -'
    end
    ##### ↑追加分↑  #####

    bg_sprite.start_animation('通常アニメ')
  end

  update do
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'



sprite 'メニュー背景' do
  image 'メニュー背景画像'
  origin :left_top

  animation '通常アニメ', [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1], 20, true
end

text 'タイトル' do
  origin :center
  font_size 100
  color '#ffff00'
end

##### ↓追加分↓  #####
text '説明文' do
  origin :center
  font_size 30
  color '#ffffff'
end
##### ↑追加分↑  #####


4.クリック判定

実際にクリックされたら……という処理を書きましょう。

そういえばクリック判定とか解説してなかったっけ……
#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  #変数定義
  bg_sprite = nil
  title_textsprite = nil
  description_textsprite = nil

  preload do 
    image 'メニュー背景画像', id: 318428, frame_size: [225, 400], frame_pattern: 11
  end

  create do
    bg_sprite = put_sprite 'メニュー背景' do
      position 0, 450
      scale 2.0, 2.0
      angle -90
      frame_index 0
    end

    title_textsprite = put_text 'タイトル' do
      position 800/2, 450/4
      text '三目並べ'
    end

    description_textsprite = put_text '説明文' do
      position 800/2, 450/4*3
      text '- 画面をクリックでスタート -'
    end

    bg_sprite.start_animation('通常アニメ')
  end

  update do
    ##### ↓追加分↓  #####
    if pointer.down?
      debug_log "タップ、またはクリックされました。"
    end
    ##### ↑追加分↑  #####
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'



sprite 'メニュー背景' do
  image 'メニュー背景画像'
  origin :left_top

  animation '通常アニメ', [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1], 20, true
end

text 'タイトル' do
  origin :center
  font_size 100
  color '#ffff00'
end

text '説明文' do
  origin :center
  font_size 30
  color '#ffffff'
end

クリック、またはタップされているかの判定はこれだけで良いんです。
簡単ですね!

因みに長押しするとずっとtrueになります。長押しの判定が作りやすそうですね。

5.対戦画面へ

新しくソースファイルを作ります。
右のソースファイルの新規作成からgameという名のソースファイルを作ってください。

そして新しく作ったソースファイルに以下を記述、保存してください。
#=====対戦=====#
scene 'game' do
  #デバッグ
  debug_log "ソースファイル読込み完了!"

  preload do 
  end

  create do
  end

  update do
  end

  render do
  end
end

start_scene 'game'

ではメニュー画面の処理を書いたソースファイルに戻りましょう!

ここで先ほどのソースファイルを読み込ませます。
#=====メニュー=====#
scene 'menu' do
  #変数定義
  bg_sprite = nil
  title_textsprite = nil
  description_textsprite = nil

  preload do 
    image 'メニュー背景画像', id: 318428, frame_size: [225, 400], frame_pattern: 11
  end

  create do
    bg_sprite = put_sprite 'メニュー背景' do
      position 0, 450
      scale 2.0, 2.0
      angle -90
      frame_index 0
    end

    title_textsprite = put_text 'タイトル' do
      position 800/2, 450/4
      text '三目並べ'
    end

    description_textsprite = put_text '説明文' do
      position 800/2, 450/4*3
      text '- 画面をクリックでスタート -'
    end

    bg_sprite.start_animation('通常アニメ')
  end

  update do
    if pointer.down?
      ##### ↓変更分↓  #####
      require_code 'game.rb'
      ##### ↑変更分↑  #####
    end
  end

  render do
  end
end

start_scene 'menu'



sprite 'メニュー背景' do
  image 'メニュー背景画像'
  origin :left_top

  animation '通常アニメ', [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1], 20, true
end

text 'タイトル' do
  origin :center
  font_size 100
  color '#ffff00'
end

text '説明文' do
  origin :center
  font_size 30
  color '#ffffff'
end

これでOK!

実行してみてください。
画面が真っ黒になって、「require_code: game.rb」と「ソースファイル読込み完了!」とログエリアに表示されたら成功です!

何故ソースファイルを分けたかって?
この方が見やすいし、どこでバグが起こったかが見つけやすい(と期待している)からです。

本日はここまで。
次回→【講座?】CoRを触ってみる14~三目並べを作る2~【自分用メモ?】

コメントする

コメントするには、ログインする必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。